シカゴ・ファイア/CHICAGO FIRE シーズン6 7話「父の横顔/A Man's Legacy」

2019年7月12日金曜日

ジェーン洞 シカゴファイア シカゴファイア シーズン6 消防士

t f B! P L
警告海外ドラマクイーンズ(http://fdramaqueens.blogspot.com/)のイラスト・テキストの無断転載、無断利用、無断引用および画像への直リンクは堅く禁じます。

あらすじ

Elizabeth Morris/NBC | 2017 NBCUniversal Media, LLC


2017年4月19日(木)~AXNでシーズン6日本初放送(全22話)
(アメリカ放送 2016年11月~)


登場人物はこちら

前回:シーズン6 6話「笑顔の裏側/Down Is Better」へ

ドーソンの父

通り魔に刺されて病院に運ばれたドーソンの父、ラモン。

手術は成功し、命に別状はなく助かった。

ラモンの活躍はマスコミの注目の的となり、病室は出入りが激しくなっていた。
この1年連絡のなかった元妻からも連絡が来た。

ドーソンが病室に行っても、なかなか見舞う事ができなかったので夜遅くに見舞った。

すると、今や町のヒーローとなったラモンは、ドーソンこそずっと自分を見捨てずにいた俺のヒーローだ、と言い2人は抱き合った。

キッド

キッドはシルビーに、謝罪を素直に受け入れなかった事を謝り和解した。

また、セブライドにキスを迫った事からまだ気があると思われたくないと、出会いを求め出す。

ストーク・ポーター

アパートの火災に駆け付けると、その部屋の住民はストーク・ポーターという元ミュージシャンの老人だった。

大隊長にとっては想い入れのある、伝説のハーモニカと言われるブルース・ミュージシャンのなれの果ての姿にショックを受ける。

その後の容態が気になり、大隊長はケイシーとマウチを連れて見舞いに行った。
しかし、すでにストークは死んでいた。

疎遠だったという娘と病院で会い、ストークの孤独な人生を知った。

モリーズ・ノース

オーチスは、リリーにいいところを見せようとモリーズ・ノースの開店準備を1人で切り盛りした。
急ぐ理由は、リリーのラッキーナンバーの9日にオープンしたかったから。

任せろという言葉を、ハーマンは大目に見た。

だが案の上思った通りスムーズには行かなかった。

クルースの友人に広告を頼めば金額を確かめもせず、大金を支払う羽目になったり、キッドの知り合いのDJに宣伝するからラジオのゲストに出してくれと頼んだにもかかわらず、いざとなると緊張して何も話せなかったり、酒が足りなくてモリーズから回してもらったり……。

そんなこんなだったが、なんとか開店日を迎えた。

大隊長はストークの娘のニーナを誘い、共にストークを弔った。
幼い頃、亡き父親とストークのライブを見に行った思い出を語り、ニーナの手を握った。

思ったよりは客は少なかったが、リリーは喜んだ。
「この10年で一番お客さんが入ってる」
そしてオーチスにお礼のキスをした。

シルビー

シルビーは、一度は別れたアントニオと再び関係を持ってしまった。
ラモンが入院したのをきっかけに再会をし、アントニオから近づいて来たのだった。
これっきりだ、と言われて部屋に入れていた。

そして、モリーズ・ノースの開店日に再び顔を合わせると、そのまま店に入らず2人で消えていた。



かんそう

なんとPDでは見られない、ちゃらいアントニオ、ちゃらトニオの再登場ですよw
またシルビーは先の見えない相手と……。
大丈夫なのかしら?

キッドはセブライドにキスしておいて、「気があると思われたくない」ってどーゆーこと!?

今回はセブライドの出番がほとんどなかった……。

オーチスは、初期の頃のようにちょっとイラつくキャラになってきてるな~。
さすがに今回のハーマンは大目に見すぎなような……。

リリーあんだけ可愛かったら彼氏いるんじゃないの~?
いなくてもオーチスはフラれるパターンだろうけど……。

今回はある意味これぞファイアと言った感じの、リアリティのある小ネタの人間ドラマ集でした。
なのでそれ程突っ込むところがなく、戸惑っているんですが、これが正しいはずw

アテンションプリーズ!!

当サイトは、ネタバレ全開しております。
また、あらすじ・感想等は主観に基づいた表現が含まれます事を、ご了承の上楽しんでいただけると幸いです。

更新をお知らせします



@fdramaqueens

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

rssを購読する

ランキング

このブログを検索

ページビューの合計

QooQ