グッド・プレイス/THE GOOD PLACE シーズン4 6話「チップ・ドライバー・ミステリー」【Netflix】

2019年11月2日土曜日

Netflix SF グッド・プレイス グッド・プレイス シーズン4 コメディ ジェーン洞 ファンタジー 新シーズン

t f B! P L
警告海外ドラマクイーンズ(http://fdramaqueens.blogspot.com/)のイラスト・テキストの無断転載、無断利用、無断引用および画像への直リンクは堅く禁じます。

あらすじ

Colleen Hayes/NBC | 2019 NBCUniversal Media, LLC


アメリカ放送:2016年9月~(NBC)
シーズン4 2019年9月~放送 (全13話)

日本ではネットフリックス・オリジナルとして9月27日から毎週金曜日に1話ずつ配信。


・登場人物はこちら

・前回 シーズン4 5話「ベリミーの従業員」へ


バッドジャネット

バッドジャネットをグッドジャネットの空間に監禁して、半年が経っていた。

マイケルは、バッドジャネットに日々人間について説得していた。

だがそれももう今日で最後にすると、マイケルは決めて話し始めた。

最後の話

1週間前、人間4人をスキーに行かせた。
期待以上に上手く行った。
4人の行動に変化がおき、親しさを増していた。

エレノア達も成果に浮かれたが、すぐにブレントが暴走を始める。

ブレントは「6ft.アンダー・パー:チップ・ドライバー・ミステリー」という小説を書きあげていた。
その主な登場人物は、グッドプレイスの仲間達がモデルになっており、読めばそれがすぐに分かった。
そしてモデルになった事をとても喜べる内容ではなかった。

だがブレントは、まったく意に介さず皆に読ませ、サイン会の計画までしていた。

特に心配なのは、シモーヌだった。
ブレントとシモーヌはただでさえ水と油。
シモーヌは直感で人を判断し、ブレントはそれが正しいかを何度も確かめる。
マイケルは提案した。
「ブレントは最悪の頃よりはマシだと、シモーヌを説得しよう」

もう1つの災難

チディは、ブレントの本で「臆病者」として描かれていた。
たしかに衝動的な行動はした事がないと思い、ジェイソンに相談をした。
ジェイソンはだったら踊ろう、と自作の曲を掛け2人でノリノリになって踊った。

そこへジョンが顔を出し、隠していたジェイソンの本当の姿を見てしまう。

地上で最も秘密が苦手だったジョンが、最大のゴシップを手に入れてしまった。
チディはなんとか誰にも言わないように、とジョンを説得した。
「僕に頼むのは酷だよ。地区はすばらしいけど、”ダウントン・アビー、シーズン4”」
「どういう意味?」
「美しいけどマジで退屈」

チディは、ジェイソンに「マジック・マイク」のダンスを教えさせるという約束をして、ジョンに口止めを約束させた。
「ただし、振り付け全部ね!」

だがゴシップライターのジョンが、ゴシップを隠し続ける事は簡単ではなく、キツかった。

問題の本

シモーヌはブレントの書いた本に拘った。
エレノア達はなんとかシモーヌの気を収めようとしたが、簡単にはいかなかった。
「人権軽視、人種差別、女性蔑視よ。なぜブレントがグッドプレイスにいるの?」


マイケルはブレントの矯正を担当した。
一緒にゴルフを回り、失敗を認める事は弱さではない、と教えた。

そしてサイン会の日、シモーヌとブレントはぶつかりあってしまう。
自分の本に自信満々なブレントに、最初はエレノアの説得で穏便な態度を取っていたシモーヌがぶちまけてしまった。
ブレントは怒り、サイン会は中止になった。

謝罪

エレノア達は、集まって会議をした。
エレノアは、問題はシモーヌではなくブレントだった、と確信した。
「あいつを変えるわ」
マイケルも賛同して、ブレントに彼女達に謝罪をして関係を修復する一歩を踏み出すようアドバイスをした。
ブレントが納得したので、マイケルは全員を集め謝罪の場を作った。

ところがブレントの態度は謝罪とは思えないものだった。
なかなか自分の非を認めようとはしない。

終いにはモデルにされて頭に来ていたタハニが爆発してしまう。
「人間が書いたとは思えない人種差別的で性差別的なガラクタよ!」
ブレントは侮辱だ! と怒った。
「小説を書いたのは偉業だ! 人種差別も性差別も濡れ衣だ。
俺はいい人間だ! ふさわしいからグッドプレイスに選ばれた!!
俺は1番だからここにいる」

言いたい放題のブレントにシモーヌが耐えられなくなると、チディが仲裁に入った。
だがチディも悪く言われ、カっとなって本を召喚してブレントにぶつけた。
それが合図となり、ブレントはチディを突き飛ばし、チディはブレントを殴り倒した。

減点

エレノア達は、再び会議をした。
今日の騒ぎで全員がかなりの減点となってしまった。
解決策も見つかってない。
タハニがリセットを提案する程に。

すると、ジェイソンがブレントが善い行いをするような事をわざと起こせば? と言い出した。
「袈裟に火をつけて、ブレントに消させるとか」
エレノアは、意外とうまくいくかも、とその案を取り上げた。
考える前に誰かを助けさせる。

時間はまだある。皆で軌道修正のアイデア出しにノリ気になった。

1時間後

その1時間後に、マイケルはバッドジャネットに会いに行っていた。
「この数ヶ月、人間の善悪について議論したね。
3人が立ってほこりを払う姿を見て、問の間違いに気づいた。
大事なのは善か悪かではない。
もっといい人間になろうとするか、だ。
昨日の自分より。
だから希望が持てるのさ」

マイケルはバッドジャネットを解放した。ビー玉にもせず。
「君を説得したかったが出来なかった。でもこれ以上の拘束は残酷だ」
少しでもいい私になりたい。昨日の私よりも。

マイケルは餞別として本を渡した。
「マニフェストだ。人間に起きた変化の記録。以前書いたものをジャネットが更新した。読んでくれ」

バッドジャネットは帰って行った。



かんそう

なかなか4人の成長に手を焼いていますが、エレノア達だって完璧な訳ではないから、当たり前!

このプロジェクトは、4人と見せかけて実際は全員が成長していくものですけど、今回特に成長が見られたのはマイケルでした。

バッドプレイスの拷問で出世して来たマイケルが、拘束を残酷だと解放するとは。

バッドジャネットもマニフェストを読めば、何か思う事はあるのかな?

ともかくズレまくりのブレント、次回はどこまで変化してるのやらw
ショーンの人選はさすがだわw


シーズン4 7話「助けは他人」へつづく

・登場人物はこちら

・前回 シーズン4 5話「ベリミーの従業員」へ

(文:ジェーン洞/海外ドラマクイーンズ)

アテンションプリーズ!!

当サイトは、ネタバレ全開しております。
また、あらすじ・感想等は主観に基づいた表現が含まれます事を、ご了承の上楽しんでいただけると幸いです。

更新をお知らせします



@fdramaqueens

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

rssを購読する

ランキング

このブログを検索

ページビューの合計

QooQ