シカゴ・ファイア/CHICAGO FIRE シーズン7 2話「20階の猛火/Going To War」【シカゴP.D.とのクロスオーバー前編】

2020年5月9日土曜日

クロスオーバー ジェーン洞 シカゴファイア シカゴファイア シーズン7 消防士

t f B! P L
警告海外ドラマクイーンズ(http://fdramaqueens.blogspot.com/)のイラスト・テキストの無断転載、無断利用、無断引用および画像への直リンクは堅く禁じます。

あらすじ

Elizabeth Morris/NBC | 2018 NBCUniversal Media, LLC


2020年5月7日(木)~AXNでシーズン7日本初放送(全22話)
(アメリカ放送 2018年9月~)

★シカゴP.D./CHICAGO P.D.とのクロスオーバー前編です。

登場人物はこちら

前回:シーズン7 1話「監視の眼/A Closer Eye」へ


高層ビル火災

高層ビルの20階で大規模な火災が発生。

エミリーは現場で会う他の救急隊員にもその存在を知られていた。

混乱する中、シカゴ署のジェイがやってきた。
父親のパットが23階に住んでいるという。
心臓の持病があり、連絡が取れず心配して駆け付けたのだった。

救助の結果、23階には誰もいなかったと分かるがジェイは念の為コンシェルジュに父親の写真を見せて確認した。
すると、時々25階のロニー・ストラウスさんの車椅子を押してると言われる。

25階を捜索すると、部屋で倒れている2人を発見し救出した。

エミリー

現場での仕事ぶりを見てシルビーとエミリーはお互いを認め合った。

シルビーは相棒になるならちゃんと過去を教えて欲しいと頼み、エミリーが昨年までレイクショア病院の外科研修医だったことを知る。

エリートじゃないと驚くと、実は認定試験で不正をしてクビになったと打ち明けられる。
だがそれは試験前に大変な事があって仕方なかった、と事情を説明しようとするがシルビーは説明はいらないと気にしなかった。

シルビー

シルビーはドーソンを行かせた事で、ケイシーを責めていた。
自分は喧嘩別れしたままで、挨拶も出来なかったという八つ当たりもあったようだった。

するとケイシーから今朝渡し損ねていたと、ドーソンから預かっていた写真を渡される。
2人が笑顔で並んで写っている裏にはメッセージが残されていた。
「ずっと愛してるわ、相棒」

キッド

キッドはビル火災の現場で酸素不足で倒れて搬送されていた。
セブライドは監督不行き届きだとハーマンを責めるが、キッドがハーマンにアラームが鳴っている事を隠していたのだった。
それはセブライドを援護する為だったんだ、と言い返されセブライドは何も言えなかった。


かんそう

あれれ~? これはがっかりクロスオーバーのパターンかな?
とりあえずまだ後編は見ていないのですが、この前編を見る限りまったくクロスオーバーなんて祭りに仕立て上げるようなキャストの登場はありませんでした。
ジェイだけ、しかもちょこっとでした……よね?
これじゃむしろ通常回の方がよっぽどクロスオーバーしてる時あるわ。

ただ、火災現場への力の入れようはスペシャル感がありましたけど。

クロスオーバーで売るよりは、シーズン初回のお祭り回って感じでしたが……。
はっ! これってひょっとしてドーソンのせい??
ドーソンが降板するにあたって、それなりのエピソードを入れないといけなかったからズレちゃっただけだったりして……。
でせっかく金かけて撮影したから少しでも盛り上げようと無理やりクロスオーバーにしたとか?? ってそんな単純な訳もないかw

と、とにかく火災現場のシーンは相変わらずの迫力でした。

そしていきなりキッドが大変な事に。
セブライドの相手って何でこうも不幸になるの?
危険と背中合わせと分かっていても、メンバーの怪我や事故等はドキドキさせられて嫌です。

あとドーソンとケイシーははっきりと別れたとは明言していませんが、ドーソンはもういなくなった前提になっていたので、やっぱり前回が最後の登場だと思ってよいようです。
これまではなんだったんだというような、やっぱり突然感……。


中編ダイジェスト内容

それとこれ実際は間に中編として、「シカゴ・メッド」シーズン4 第2話が挟まるんですね。
宣伝で知りました。
(メッドのキャストは病院シーンに登場していましたが、それもよくある事と気にならなかった)

この回の通常放送はまだないようで、ダイジェストとして放送されましたのでまとめておきます。

<ダイジェスト内容>

キッドは肺の切除をする事に。だが、それは消防士を続けられないと言う事になる為セブライドは強く拒絶。
担当のコナーは、他の仲間からのキッドを待つという希望にも心を打たれ、肺を摘出しない新たな手術を行う事に。リスクが高かったが無事手術は成功した。

ジェイの父親パットは、搬送後容体が悪化し脳死状態となってしまう。
兄ウィルは死を受け止め臓器提供を提案するが、ジェイには受け入れられず拒否し兄弟喧嘩に。
だがウィルの説得で父の死を受け入れる事に。

オーチスが突然病院で倒れる。
ビル火災で助けられなかった親子の姿が目に焼き付き、PTSDになっていた。
PTSDがバレると消防士を続けられなくなると治療を強く拒み、様子見となる。

ニーサン達が火事の被害者の治療をしていると、火事以外の怪我をしている患者に気づく。
その女性の病室には、火災現場で誰かを捜して追い払われていた男が姿を現していた。

そしてそれに気づいた患者が姿を消した……。

ここから後編のシカゴPDへと続きます。


キッド大変だったようで。でも無事でよかった!! 
そして、オーチス。前に大きな病気していたからその再発かな、と思いきや今度はPTSDって。いつになったら幸せになれるの??

それにしてもファイアにとってはかなり重要なエピソードをクロスオーバーで別番組で放送するとは。これ見てないとなんのこっちゃ、ですよね。
とりあえず、ダイジェストで放送してくれてよかった!


シカゴP.D./CHICAGO P.D. シーズン6 2話「悔恨/Endings」【シカゴ・ファイアとのクロスオーバー後編】へつづく


シーズン7 3話「ボーデンの選択/Thirty Percent Sleight Of Hand」はこちら

登場人物はこちら

前回:シーズン7 1話「監視の眼/A Closer Eye」へ

(文:ジェーン洞/海外ドラマクイーンズ)

アテンションプリーズ!!

当サイトは、ネタバレ全開しております。
また、あらすじ・感想等は主観に基づいた表現が含まれます事を、ご了承の上楽しんでいただけると幸いです。

更新をお知らせします



@fdramaqueens

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

rssを購読する

ランキング

このブログを検索

ページビューの合計

QooQ