NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班 シーズン17  14話「暴走/On Fire」

2020年4月9日木曜日

NCISネイビー犯罪捜査班 NCISネイビー犯罪捜査班 シーズン17 クライム ジェーン洞

t f B! P L
警告海外ドラマクイーンズ(http://fdramaqueens.blogspot.com/)のイラスト・テキストの無断転載、無断利用、無断引用および画像への直リンクは堅く禁じます。

あらすじ

NCIS 17x14 Sneak Peek Clip 1 "On Fire"


2020年1月9日(木)~FOXジャパンでシーズン17 日本最速放送(全24話?)
★2020年1月5日第1話先行放送済み

(アメリカ放送2019年9月~)

登場人物はこちら

前回:シーズン17   13話「届かない声/Sound Off」へ

暴走車

トーレスとビショップはジョギング中に暴走ランボルギーニと遭遇し、トーレスだけが轢き逃げに遭い重傷になっていた。
ビショップは、トーレスが押しのけたおかげで軽傷で済んでいた。


トーレスの頸椎に刺さっていた車の炭素繊維の破片を押収し、リアスポイラー(車の部品)を特定する事が出来た。

リアスポイラーの購入者はロシア人のゼイヴィア・ゾロトフだった。
インスタから、金持ちのわがままお坊ちゃんであることがすぐに分かった。

スローンは、演技性と自己愛性のパーソナリティ障害だと診断。

取り調べ

ゼイヴィアは取り調べでも傲慢な態度を崩さず、堂々と飲酒運転だと言い罪を認めつつも、出国するからと弁護士を呼んだ。
これまでも犯罪まがいの行為を繰り返していたが、何故か無罪放免になっていた。

ハンドルからは指紋、ペダルからは靴跡が出ていたのに、罪を逃れられると信じ切っていたが、その通りすぐに釈放された。

実は、ゼイヴィアは古い王家の血をひいている事から主権免除による免責を受けていたのだった。

納得できないビショップは、そう処理をしたヴァンス局長にも食って掛かっていたが、ヴァンスも辞表を用意する程納得はしていなかった。

ヴァンス自身もコネを使ってなんとかする、とギブスにだけ打ち明けなんとか時間稼ぎをする事にした。

足止め策

ゼイヴィアを足止めする為に、マクギーがインスタからアイデアを思いついた。
トラを飼っている妻を無許可で逮捕すれば、ゼイヴィアも出国を延期するだろう、と。

ところが妻の逮捕をゼイヴィアに伝えても困るのは俺じゃない、とあっさりと見捨てた。

殺意

その頃、ビショップはトーレスの再手術に付き添っていた。
病院に来たマクギーから、ゼイヴィアを足止めできそうにないという話を聞くと「だったらと逮捕はしないけど殺してやる」と、ゼイヴィアへの殺意をむき出しにした。

そんなビショップを、マクギーとスローンは問題視して心配した。

ギブスはほとんど心配していなかったが、周囲がうるさいので念の為ビショップに念を押した。
「俺と同じことをすれば同じ闇に落ちる。バーボンに地下のボート。俺のようになるな」
「もう遅い」

足止め案2

スローンもSNSから足止め案を発見した。
過剰に称賛を浴びたがるゼイヴィアには、自己愛と性欲を満たすパートナーがいるはず。
それはあっさりと見捨てた妻ではなく、愛人で、その愛人なら置いていく事はしないだろう、と。

ゼイヴィアのSNS上には大勢の女性との繋がりがあり、絞り込みには困難が予想されたが、ケイシーが手がかりを入手した。

ゼイヴィアが運転している映像を解析して、助手席に座る金髪の女性を突き止めた。

それは、ゼイヴィアの高級マンションを訪れた時に2度すれ違っていた住民コリーン・ケネディだった。

コリーン

コリーンの部屋を捜索するとコリーンの姿はなく、ゼイヴィアが額を撃たれて浴槽で死んでいた。

ビショップの発言から、マクギーはビショップの可能性もゼロではないと疑うがビショップは否定した。

コリーンを調べると、数年前に両親が死亡し、彼女と妹が大金を相続していた事が分かった。
遺産の分配前に海軍大尉の妹はヘロインの過剰摂取で死亡していた。
遺産を独り占めする為に、コリーンが殺した可能性が浮上し、その時NCISは潜入捜査官を送り込んだ。

それがトーレスだった。
トーレスの報告では、コリーンは眠ってる妹にヘロインを注射。
でも立証できず、捜査は終了していた。

今回、JAG(法務部)の担当者に確認したところ、証拠が出て捜査再開になっていた。
その重要参考人がトーレスだった。

あの轢き逃げは事故ではなかった。

そしてまだ生きているトーレスは狙われている。

ギブス達はトーレスの病室でコリーンを待ち受け、殺しに来たところを逮捕した。

意識を取り戻していたトーレスも寝たふりをして見事にコリーンを騙した。


無事退院したトーレスは、ギブスの家に滞在する事になった。

ゼイヴィア殺しの犯人

逮捕したコリーンは、ゼイヴィア殺しについては否定したが、トーレス殺しをゼイヴィアに頼んだ事からバレないようにゼイヴィアを殺したのだろう、と考えるのは不自然ではなかった。

それでもマクギーは何か胸騒ぎがする、とビショップに改めて確認をした。
「私じゃないわ」
「君もコリーンも殺してないなら、誰の仕業?」

二人は同時に、帰ろうとエレベーターに乗り込むギブスを見た。



かんそう

NCIS的には変化球な印象を受けた回でした。

最初は、全然海軍関係なくトーレスが轢き逃げに遭った所から始まり、急にコリーンの妹が「海軍」になって「え? こじつけ?」と思ったらそれは過去のトーレスの潜入捜査に繋がるという。

今シーズンは、これまでのNCISとちょっと違う印象を受けています。
良い意味で、見応えがある感じ。

シーズン17になってまだ進化するなんて!! 凄いな~。

しかも最後は、ゼイヴィア殺しはギブスかもしれないという臭わせで終わるっていう!!

もうギブス、処刑人じゃんw

そしてトーレス可愛さのあまり、家で面倒も見るっていうねw

その前まで、少年とおじいちゃんな展開していたとは思えない、まだまだ現役だぜ! っていうアピ回? でしたw

そういえば、トーレスを心配するビショップの様子で、ケイシーは2人は恋愛感情があると見抜いていて、マクギーは「弟と妹がつきあうなんて!」とそうは考えてはいなかった、という事も分かりました。

が、結局2人の恋愛的なムードについてはまたしても曖昧なまま終わっていましたので、そこら辺はさくっと省いています。

(文:ジェーン洞/海外ドラマクイーンズ)

アテンションプリーズ!!

当サイトは、ネタバレ全開しております。
また、あらすじ・感想等は主観に基づいた表現が含まれます事を、ご了承の上楽しんでいただけると幸いです。

更新をお知らせします



@fdramaqueens

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

rssを購読する

ランキング

このブログを検索

ページビューの合計

QooQ