【新シーズン】シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲/Shut Eye シーズン2 1話~5話一挙放送まとめ

2019年11月5日火曜日

クライム ジェーン洞 シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲 シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲 シーズン2

t f B! P L
警告海外ドラマクイーンズ(http://fdramaqueens.blogspot.com/)のイラスト・テキストの無断転載、無断利用、無断引用および画像への直リンクは堅く禁じます。

あらすじ

SHUT EYE Season 2 Official Teaser Trailer (HD) Jeffrey Donovan Hulu Series


2019年11月3日(日)22時~ 1話~5話、11月10日(日)22時~ 6話~10話(終)、他

(アメリカ:2017年12月~Hulu配信)

【最終回】シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲/Shut Eye シーズン1 10話「ソードのエース/Ace of Swords」【シーズン・ファイナル】へ

登場人物はこちら


シャットアイのシーズン2が一挙放送で始まりました。
最新シーズンでありつつ、ファイナル・シーズンでもあります。
放送に合わせて、5話ずつのざっくりまとめでお送りします。

1話:いつか見た夢/ We’re Not in Kansas Anymore

思い直し

チャーリーは、実際に荷物をまとめて家族を連れて夜逃げをするが、息子ニックの2人ともめちゃくちゃだ! という一言で思い直し、引き返した。
「俺は詐欺師だ。まやかしが生業だ。真実のヴィジョンを与えられてビビったが、もう平気だ」
怖がるリンダに、昔からの夢を実現させる、と説得する。
「ロスで自分達の店を持ち、高級住宅街で暮らす。フォンゾに金を返し、奴とは縁を切ろう」

フォンゾに会いに戻り、マジックから死体が出たのはトニーの罠だと告げた。
フォンゾはそんなチャーリーを信用し、俺の金を守っていてくれ、とハグをした。

リタ

リタは拘置所に入れられたが、連邦検事補のフォスター・ヒルバーンによって釈放される。
ヒルバーンは、ロス市警の占い詐欺捜査班が州をまたぐ詐欺の証拠を掴んだ事からリタに捜査の協力をさせようとする。

それはリタが同胞を裏切るという事でもあった。

フォンゾとエドゥアルド

フォンゾとエドゥアルドは、子供のテコンドー教室で再会し、ここで顔を合わせていたと判明していた。
それから腕時計を返す羽目になっていた。

フォンゾ

クリスでフォンゾが裁かれ、とうとう追放となってしまった。
フォンゾはチャーリーにも出席して説明をしろと命令していたが、出る幕もなかった。

子供達にも会えなくなった。
フォンゾの力を借りずに出所したリタは、フォンゾを助けなかった。
「孫娘たちは私が守る」

リタはクリスに割り込み、トニー殺しの冤罪を主張し受け入れられた。
更に、シムザの手助けをするために、孫娘と共にシムザの家に移る事を提案した。
「ロマの良き嫁になるよう、私が指南する」

リタの希望は尊い犠牲だと認められる。

フォンゾのリーディング

フォンゾはチャーリーの家にやってきて、リーディングをさせた。
「誰かが利用しようとしている。あんたは統括できない。
悪だくみには長けているが、物事を制御できない。
キレやすく回りから信頼されていない。
伝統には逆らうが自分は変わろうとしない」

でたらめだ、とチャーリーは銃を突き付けられ、預かっていた170万ドルを引き渡した。
札は連番だから資金洗浄しないと使えないというと、それまで仲間だな、とフォンゾに言われる。

2話:さざ波の行方/Shortchanged

人形

フォンゾがチャーリーの家に居候して1週間が経っていた。

チャーリーは、ニックを轢いたと思ったら不気味な人形だったという不思議な体験をする。
気になりその人形を持ち帰っていた。

ニック

ニックは、シルヴィアから両替詐欺を教えてもらい、シルヴィアを見習って、エマ奨学基金の詐欺を働く。

エドゥアルド

エドゥアルドがリーディングに来た。

「和解したい相手がいる。または、解決したい関係がある。
何かが起こり困難が続くかもしれない。
友人や仲間が裏切った」

それを聞いたエドゥアルドは、結婚式の強盗は期待外れだったと言った。
「宝飾品は偽物ばかり、花嫁の父親は知り合いで腕時計の返品もした」
2人の繋がりにチャーリーは驚いた。
「だがチャーリーの事は話してない」

エドゥアルドはフォンゾを引き込めばいい、とアドバイスをして帰って行った。

フォンゾ

フォンゾが娘達に会いに行くと、無視された挙句警備にボコられてしまう。

フォンゾは復讐につきあえと、チャーリーに援護させようとする。
チャーリーはならいい方法がある、とフォンゾに提案をした。

自宅に忍び込み、金を取り出してエドゥアルドと土地開発業を始める。
そうすれば家から出て行くからチャーリーにとっても好都合だった。

フォンゾは取る物を取った後、屋敷に火をつけた。

リンダ

リンダは家でノラの名刺を見つけ、病院まで行ってチャーリーを惑わしている、と文句を言いに行っていた。

何かとチャーリーに不満を感じるリンダは、ジーナの部屋で亡きジーナを想って泣いた。

3話:野郎どもと人形たち/Guys and Dolls

ニック

エマ基金詐欺の収益をシルヴィアに横取りされる。

放火

自宅の放火を知るリタ達。ほぼ全焼していた。
リタはすぐにフォンゾの仕業だと気づく。
「これは私に対する復讐。お仕置きが必要ね」

パズ

パズという男がリーディングにやって来た。
新規の客かと思いきや、ノラの紹介で同じようなサイキック能力を持つ男だった。
その男の能力は、見えるのではなくメッセージが聞こえるという。

チャーリーは必要ないと追い返した。
パズが置いて行ったセミナー「耳を傾けていますか?」の招待チケットを見ると、参加費が2875ドルもしていて驚いた。

フォンゾとエドゥアルド

金を手にしたフォンゾはエドゥアルドと組んで娘の通うテコンドー道場の物件を買い、正式にビジネス・パートナーになる。

だが道場に来たララは、フォンゾがいる事を知るとセキュリティに連れて帰られてしまった。

リンダ

リンダは精神的に不安定で、チャーリーとの仲もあまり上手くいっていないままだった。
そんな中、ジーナの部屋に行くと、大家が片付けを始めていた。
ジーナの催眠術が解け、金を受け取っていなかったと気づいたのだった。

リンダは代わりに家賃を払う為、1人で庭のプールの下に埋めたフォンゾの金を掘り起こす。
ところがその最中にフォンゾに見つかってしまう。
正直にジーナの為に5000ドル必要だと言うと、意外にも必要なだけ持っていけとフォンゾはプールを持ち上げるのを手伝った。

チャーリーは、ノラからの電話でリンダに問題が起きている事を知る。
「不眠、興奮、怒りやすい。極度の不安の兆候がある」
家族はヴィジョンに影響される……。

チャーリー達

フォンゾとエドゥアルドとチャーリーは改めて新事業を祝った。
チャーリーは、そこで2人から新店舗用の物件を贈られる。
シムザの縄張り外だから見つからずに稼げる、と。

最初は、シムザ意外と仕事は出来ないと断っていたが、そこで人形のヴィジョンを見て思い直す。
「店をやるなら家賃を払って俺の店としてやる。上納金はなし。対等な立場、パートナーになる」

3人は握手をした。

4話:宇宙からの声/Are You Listening?

フォンゾ

フォンゾは、チャーリーの家からやっと出て行った。

ドリーナの初夜

ドリーナは政略結婚が嫌で、とうとう家出をしフォンゾのテコンドーの道場までたどり着いていた。
フォンゾは娘との再会に喜ぶが、今は救えないとリタに迎えに来てもらう。

ドリーナの気持ちを理解したリタは、初夜を誤魔化す作戦を企てた。
トニーを薬で眠らせ、シムザには豚の血をつけたシーツを見せて初夜を済ませたと信じ込ませた。

カラス

チャーリーはニックに手伝わせて、新店舗の開店準備を始める。
その時、段ボールからカラスが飛び出るヴィジョンを見て以来、人形に加えカラスも度々目にする事になる。

リンダ

リンダが息抜きにジーナの家に行くと、フォンゾが住み着いていた。
「俺が金を出したから俺の部屋だ」

大切な場所を失ったリンダはチャーリーからの連絡も無視して、衝動的にある場所に向かい、一晩家に戻らなかった。

心配したチャーリーはあちこち探し回るが、リンダは見つからずその行く先々でカラスを見た。

そして最後に気づいた。
カラスの着ぐるみの看板持ちが、持っているのはパズの本の宣伝だった。

チャーリーは、パズの平和と真実のスピリチュアル・センターに押し掛け、セミナーに参加しているリンダを見つけた。

5話:小さな手品師/Charles the Magnificen

チャーリーの過去

まだ少年時代のチャーリーは、路上でマジックをしながら母親の手伝いをしていた。
キャビンアテンダントという職を利用して、母親はドラッグの運び屋をしていたのだが、ストッキングに包んだドラッグを制服の下に隠すのに、背中でスライム結びにするのがチャーリーの役目だった。
決して道中でほどけないように。

そしてこの頃、実はすでにカラスのヴィジョンを見ていたのだった。
チャーリー本人は全く覚えていないようだが……。

チャーリーはそんな生活が嫌で、これが最後だと約束させていたが、母親に止める気配はなかった。

パズのセミナー

パズのカルトのようなセミナーには、ノラもチャーリーの顧客も参加していた。

リンダは大勢の参加者の前で、パズが代弁するジーナの声を聞いていた。

チャーリーはパズを完全にペテン師だと見ていたが、リンダの為に仕方なく参加する事にした。
参加者は、携帯や衣類を最初にロッカーに預けるのがルールだった。

チャーリーはこっそりリンダのロッカーの暗証番号をハックしてスマホを取り出した。
そして、ジーナとの過去のやりとりの履歴から2人の関係を知った。
と同時に、リンダのスマホから自分宛にメールを送った。
内容は、父親の墓についての相談だった。


翌日、チャーリーはパズと2人きりで話をした。
「俺の妻をカモにするのは許せない」

パズは確かに自分はノラに振られれば傷つく普通の男だ、と前置きをしてから8歳から声を聞いていた、と能力は本物であることを主張した。
そして、チャーリーについては父親が墓標について何か言っているのが聞こえる、と言った。

その時チャーリーは、パズがまんまと罠に引っ掛かったと思っていた。

パズをロッカールームに連れて行き、チャーリーのスマホを突き付けた。
ペテンの証拠を見せるつもりで。
だが、チャーリーが昨夜仕込んだリンダからのメールは何故か消えていた。

リンダ

リンダはパズにチャーリーにないものをジーナに求めていた、と打ち明けた。
「彼は悪くない。愛してるの。
でも彼を信じてない。失望ばかりさせるから。彼はしくじるの」

サウナ

パズは頑ななチャーリーを、神聖な場所であるサウナに連れて行った。

最初はチャーリーと話していたパズが、途中でリンダになっていた。

リンダには、2回もお金を返したと責められたと思うと、背中を見せられ母親と同じスライム結びを見せられた。
そしてリンダはジーナになり、カラス、そしてチュンビ!(テコンドーで"準備") と叫ぶ人形も見えた。

サウナを出たチャーリーはパズの力を認めた。
「君の言う事は正しい?」
「さあね。でも君が関わった事で僕私の人生は変わったんだ。君の光と闇を見せてくれてありがとう」

チャーリーとリンダは和解し、またここに来ようと約束して帰路についた。

母親

チャーリーの母親は、乗務中に結び目が解けてドラッグが見つかり、その後チャーリー達の前で逮捕された。
チャーリーはわざとほどけるように結んだ訳ではない、と弁解していた……。


【最終回】シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲/Shut Eye シーズン2 6話~10話(終)一挙放送まとめへ

かんそう

シーズン1の最後で、フォンゾとエドゥアルドが通じていた事が分かりましたが、時系列が前後する形で、そのいきさつが判明しました。

でもシーズン1の事なんて、そんなに覚えてないからややこしくて、ちょっと分かりにくかった。
というかこのドラマ全体が分かりにくいんですけどねw

それにしても、このドラマ、やっぱりチャーリーがリンダも浮気する程、格好良くない!!
チャーリーの中の人は格好いいだけに、キャラが残念過ぎる~。

代わりにやっぱり、フォンゾが憎めなくて面白い!

今回はフォンゾ・ファミリーが結構丁寧に描かれているのも、そう思わせる理由になっていると思いました。

チャーリーの方も、過去とかニックのサブストーリーなどちゃんとあるんですけど、やっぱりチャーリーのキャラの魅力がいまいちなんで、あんまり……w


【最終回】シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲/Shut Eye シーズン2 6話~10話(終)一挙放送まとめへ

登場人物はこちら

【最終回】シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲/Shut Eye シーズン1 10話「ソードのエース/Ace of Swords」【シーズン・ファイナル】へ


(文:ジェーン洞/海外ドラマクイーンズ)

アテンションプリーズ!!

当サイトは、ネタバレ全開しております。
また、あらすじ・感想等は主観に基づいた表現が含まれます事を、ご了承の上楽しんでいただけると幸いです。

更新をお知らせします



@fdramaqueens

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

rssを購読する

ランキング

このブログを検索

ページビューの合計

QooQ