レジデント 型破りな天才研修医/The Resident シーズン2 12話「感染症の恐怖/Fear Finds a Way」

2019年9月18日水曜日

ジェーン洞 レジデント 型破りな天才研修医 レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2 医療

t f B! P L
警告海外ドラマクイーンズ(http://fdramaqueens.blogspot.com/)のイラスト・テキストの無断転載、無断利用、無断引用および画像への直リンクは堅く禁じます。

あらすじ

Bell Asks Dr. Shaw To Help Out At The ER | Season 2 Ep. 12 | THE RESIDENT


2019年5月7日(火)~7月(前半9話まで) FOX 日本初放送 
10話~最終話(2019年9月~)

(アメリカ放送:2018年9月~) 全23話

・前回 シーズン2 11話「執刀医のミス/Operator Error」


院内感染

ERはインフルエンザの流行で大混雑していた。
その中には、ニックが拘置所で仲良くしていた看守のメグの姿もあった。

メグは、ERで喧嘩が始まり仲裁に入った。
だが、突然様子がおかしくなり立っていられなくなってしまう。

感染症が専門のショーがヘルプで来ていたので、メグも診る事に。

拘置所という職場から未知のインフルエンザにかかっている可能性があると診断し、騒ぎにならないよう人知れず隔離をした。

ニックとショーが、拘置所へ行き感染源を探った。
すると、庭で鳩にエサをやっていたと聞き、鳩の糞から感染したクリプトコックス症かと思うが、検査の結果違った。

サム

デヴォンが診ていたサムという患者も、メグと似たような症状になっていたのでERから慌てて隔離をした。

サムとメグ、それぞれ並んで隔離していたところ、2人がほぼ同時に急変して苦しみ出した。
サムはコンラッドが診ていたので、ニックは時間を惜しんで防護服を着ないで隔離室に入ってしまった。
ニックは自分も感染した可能性がある、とそのままメグの部屋に残った。


その後、難航しつつも検査が進んで原因がペストだと分かった。
細菌量から、感染源はメグではなくサムだったとも判明した。
2人はERで近くに座っていた。


サムの感染源を探ろうと、コンラッドは担当のデヴォンにサムについて分かる事を聞き出した。
デヴォンは治療中いろんな話を聞いていたので、恋人が感染源かもしれないと突き止める。

自宅で倒れていた恋人も搬送し、無事全員を治療して大感染を防いだ。

コンラッドとニック

隔離から解放されたニックは、コンラッドの自宅に行った。

2人は、今朝突然コンラッドが提案した同棲話に、ニックがのり気ではなかった事から少しぎくしゃくしていた。

同棲についてはなかった事にし、またお互いの気持ちにズレが出ている事に気づいた。

ベル

クオヴァディスに不信を抱き始めたベルは、ゴードンの過去をアシスタントに調べさせた。

すると、前の取引き先はジャクソンヴィル総合病院で、ゴードンは医療機器の試験もしていたと分かる。

そしてCEOは神経外科部長のドクター・ライアン・キーフォーで、10ヶ月前に自殺していた……。

オースティン

オカフォーは、すっかりオペから身を引いているオースティンが気になり、クオヴァディスの人工弁の耐久性を分析機で調べさせていた。
すると、血流の強さであっさり壊れる事が確認できてしまう。
ブラッドリーのような若くて活動的な患者にはもたない。

オースティンにその事を報告すると、すぐには信用しなかった。
何故なら自分の恩師のエイブ・ベネディクトが認めているから。
そして自分もメンターの為ならやけくそでデータ操作もするだろう、と。
「悪いが、君よりはエイブを信用してる」
「彼は間違ってて、あなたは頑固です。今こそ他人の話を聞くべきです。
ブラッドリーの死はあなたの責任じゃない」

その後、エイブがゴードンから150万ドルを受け取っていた事も、ネットで知った。

オースティンはオカフォーを連れて食事中のエイブを訪ね、面と向かって失望を伝えた。


ニックとコンラッドの絆って、ショー先生が登場しただけであっさり壊れちゃうようなもんなの?
と、恋愛面もなかなかのトンデモ展開になっております。
展開早すぎw

とはいえまだニックがはっきり認めた訳じゃないから、あくまで私がそう思ったってだけですけどね!

でも同棲したくないってだけじゃない感じだったよ~。
ニックはショー先生といる時、楽しそうでキラキラしてたもん。

ショー先生は、コンラッドのように無駄に問題を起こさず、でも医者として患者第一っていうニックからしたら理想に近いんだろうな~。

今回もヘルプで入る条件に、診療所に新しい機器をベルからせびるのに成功してました。ショー先生がとりあえずここまではやり手で良く描かれていますが、この先どうなるのかな~。


アテンションプリーズ!!

当サイトは、ネタバレ全開しております。
また、あらすじ・感想等は主観に基づいた表現が含まれます事を、ご了承の上楽しんでいただけると幸いです。

更新をお知らせします



@fdramaqueens

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

rssを購読する

ランキング

このブログを検索

ページビューの合計

QooQ