シカゴP.D./CHICAGO P.D. シーズン5 18話「二度目の潜入/Ghosts」

2019年9月7日土曜日

クライム ジェーン洞 シカゴPD シカゴPD シーズン5 バイオレンス

t f B! P L
警告海外ドラマクイーンズ(http://fdramaqueens.blogspot.com/)のイラスト・テキストの無断転載、無断利用、無断引用および画像への直リンクは堅く禁じます。

あらすじ

Matt Dinerstein/NBC | 2018 NBCUniversal Media, LLC


2019年5月10日~AXNでシーズン5 日本初放送(全22話)
(アメリカ放送2017年9月~)


ボイトとオリンスキー

大陪審が招集されるという噂がボイトの耳に入った。
ボイトはオリンスキーに責任を取らせるつもりはないと、いざとなったら自首するつもりだったが、オリンスキーは引かなかった。
「すべて覚悟の上で、エリンと遺体を移動した」

ギャング銃殺事件

アントニオが潜入しているギャングが取引きをするというので、特捜も現場に駆け付けるが発砲事件に発展していた。

ヤクを積んだバンは消え、取引き相手は撃ち殺されていた。
もう1つの血痕を追うと、負傷した男が隠れているのを発見した。

その男はスコット・ジャンセンでアプトンを見て「ケリー」と呼んでから息を引き取った。
以前アプトンが潜入していたメタンフェタミンの流通組織の男だった。
ボスのロン・ブースを3年前に逮捕していたが、2ヶ月前に出所していたので、アプトンはこの件にはブースが絡んでいると気づいた。

防犯カメラの映像によると、セダンに乗った犯人グループが発砲し、スコットを見捨ててバンに乗り込んで2手に別れて逃げていた。
車のナンバーでの追跡は使えず、顔認識も収穫はなかった。

潜入捜査

アプトンはブースの組織への潜入を立候補した。

前回はギャレットという同僚と恋人の振りをして潜入していたが、そのギャレットがブースに殺されていた事からボイトとジェイは不安を覚えた。
「潜入の目的は復讐ではなく売人逮捕だ」
アプトンは分かってる、と答えすぐに準備をした。

最初の接触は、スコットの葬儀を利用した。
思惑通り、ケリーを見つけたブースの方から声を掛けて来た。

また仕事をしたいというケリーに、ブースは警戒をしているのか何も知らない振りをした。

その後、アントニオが潜入で親しくしているぺレスがブースの商売に絡んでいた事が分かったので、ケリーの出番を作る為にぺレスを偽の脅しでシカゴから追い出した。

すると手下が必要になったのか、狙い通りブースの方からすぐにケリーに接触してきた。
ブースは手始めに簡単な運びを命じた。

ケリーの秘密

アプトンの過去の潜入が気になったジェイは、当時を知る警官ジェフ・ラファティを呼び出して話を聞いた。
すると大晦日に暴行を受けて大怪我をしていた事が分かった。
パーティーで2人きりになった所をブースに襲われ、それを助けてくれたのがギャレットだった。

再び危ない目にあうかもしれない、とジェイは心配して潜入を中止するべきだとアプトンを止めたが、アプトンは「平気」の一点張りだった。

とりあえずボイトには内緒にしたまま、潜入を続ける事にした。

ライアン

囮取引きをさせる為、ジェイをライアンというケリーの友人としてブースに紹介した。
ところが、ブースはライアンを見て「ケリーと寝たのか?」と聞くと、取引きを断って追い返していた。

ジェイは取引きが成立しなかった理由として、ブースがケリーにホレているとボイトに報告をした。
アプトンはそこに付け込んで取引きを再開させる、と提案したがボイトは止めた。
もうこれ以上は危険だから、ケリーは故郷に帰った事にしろ、と。

暴走

それでもアプトンは、ボイトの命令を無視して1人でブースのオフィスに向かった。
ライアンとの取引きを再度要求するのと同時に、さり気なくライアンは既婚者の子持ちだと伝えた。
ブースは安心したのか、取引きをすればもっと親密になれるか? と本音を見せ始めた。

そこへアプトンの暴走を知ったジェイが、機転を利かせて金を持ってやってきた。
「再交渉するというから金を持ってきた」
ブースは金を見て、信用し取引きをする約束をした。

ジェイはボイトの命令を無視したアプトンを、私情を挟み過ぎだと責めた。
それでもどうしても捕まえたい、と引かなかった。

仕方なくジェイは、ボイトには嘘をついてブースから取引き再開の連絡が入ったと報告をし、アプトンの味方をした。

取引き

いよいよ特捜が監視する中、偽の取引きが行われた。
ブースがケリーへのボディチェックを必要以上に入念にするのでライアンは心配になり、やり過ぎだと声をかけた。
その時ジェイがデニムのポケットに手をかけたのを部下が銃を持っていると騒ぎ、銃を向けた。
ジェイは誤解だ、と両手を上げたが騒ぎの隙を見てアプトンも銃を取り出し、部下を撃ち殺した。ブースの親戚で、大晦日の暴行時にもいた男だった。

それが合図となり特捜も突入するが、アプトンは1人逃げ出したブースを追っていた。

2人は取っ組み合いになり、ブースは騙されていた事を確信した。

アプトンはブースを床に沈めると銃をつきつけ、ギャレット殺しの恨みを口にした。
そこへジェイが間に合い、アプトンを止めた。
「ヘイリーよせ、殺せば奴の勝ちだ。正しい解決法じゃない」
アプトンは、思いとどまりブースを立たせて連行させた。

アプトンの本音

ブースの逮捕後、ジェイはアプトンの自宅を訪ねていた。
1人でいたいというアプトンに、そうはさせないと無理やり部屋に入り込んだ。

復讐を終えたというのに何故か気が晴れないというアプトン。
「イヤな記憶が多すぎて」
アプトンは、ギャレットを愛していた事を認めた。



かんそう

アプトンの過去、そしてジェイとの関係が進んだ回でした。
言い方を変えれば2人以外の出番はほぼ無いような感じ。

アプトンとジェイは、なんだか似た者同士だな~と見ていて思いました。
相手に言ってる事が鏡に言ってるように、跳ね返ってもおかしくないような。

このまま、安易に恋愛には発展しないで、良いバディを保って欲しいな。

ボイトとオリンスキーのストーリーは、ほとんど進展はありませんでした。
それにしても、オリンスキーがこのまま罪を被る気満々なのにビックリ。
どんだけ義理固いの!?


(文:ジェーン洞/海外ドラマクイーンズ)

アテンションプリーズ!!

当サイトは、ネタバレ全開しております。
また、あらすじ・感想等は主観に基づいた表現が含まれます事を、ご了承の上楽しんでいただけると幸いです。

更新をお知らせします



@fdramaqueens

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

rssを購読する

ランキング

このブログを検索

ページビューの合計

QooQ