ウォーキング・デッド シーズン2【全13話あらすじ・ネタバレ】

シーズン2あらすじまとめ(全13話)



2018年2月26日(月)シーズン8後半がスタートします。
最新シーズンを楽しみつつも過去のシーズンをおさらいします。

※ネタバレが含まれていますので、ご覧の際はご注意ください!

(© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX)


フォートベニング基地へ


CDCを後にし新たな救いの地フォートベニングを目指す一行だったが、道中の高速道路は放置された車で溢れ、なかなか前に進めずにいた。
やがてデールが運転するキャンピングカーが故障し、高速道路上で立ち往生する。
そこへウォーカーの群れが近づいてきた。

リックたちは車の下に身を隠しウォーカーをやり過ごしたが、キャロルの娘ソフィアがウォーカに見つかってしまい、1人森へと逃げ込み行方が分からなくなった。

リック・カール・シェーンがソフィアの捜索中、森の中で1匹の鹿を見つける。
カールが鹿に近づき見つめていると、リック達とは反対側から男が鹿を狙って撃った。
銃弾は鹿を貫通してカールに命中、カールは重傷を負う。


カールの危機


カールを撃った男はオーティスといい、彼の案内で近くの農場にカールを連れていった。
そこに住む獣医師のハーシェルが応急処置を施すが状況は良くない。
体内に残った銃弾の破片を取り出す手術が必要だが、薬品や物資が足りない。
シェーンとオーティスが近くの高校に物資を調達しに行くことになった。

(Photo by Gene Page/AMC)


高校はおびただしい数のウォーカーで溢れていて、何とか物資を調達したもののウォーカーに取り囲まれてしまう。

結局農場に戻って来たのはシェーン1人で、シェーンはオーティスがウォーカーに殺されたと話した。
自分がオーティスの足を撃ち、オーティスを囮にして逃げたことは言わずに。

ソフィア捜索


カールの手術はうまくいき、ソフィア捜索のため高速道路に残っていた仲間たちも全員が農場に移って来た。
しかしハーシェルはリックたちを歓迎してはおらず、カールの具合がよくなりソフィアが見つかったら出て行くように言う。

街に物資を調達に行くグレンにローリが内緒で頼んだ妊娠検査薬。
陽性の結果を見てローリはうな垂れた。

ダリルは単独でソフィアを捜索する。
沼でソフィアの人形を見つけた後、崖から落ちてしまい大けがを負う。
自力で農場に戻るもののウォーカーと間違えたアンドレアがダリルを撃ってしまう。
ダリルは意識を失ったが、銃弾は頭をかすっただけで大事には至らずに済んだ。
Tドッグがダリルが持ち帰ったソフィアの人形を見つけ、皆驚いた。


秘密


グレンとマギーはいい関係となり、グレンは夜に逢う場所として"納屋に来て"と書かれたメモをマギーに渡した。
メモを読み青ざめるマギー、慌てて納屋に走る。
先に納屋に入ったグレンが見たものは、ウォーカーの集団だった。
マギーはグレンに口止めするが、グレンはデールにだけは話してしまう。

デールはそれがいかに危険なことかハーシェルに話すが、囲っているウォーカーはマギーの母親や知り合いであり、ハーシェルにとってウォーカーは死人ではなく「病気の人間」であった。

ローリはグレンに頼んで中絶薬を手に入れてもらう。
悩んだ末に薬を飲むが、すぐに吐き出した。
リックはテーブルに置いてあったままの薬を目にしてしまい、ローリの元へ。
妊娠していたことを黙っていたローリに怒りを爆発させるリック。
ローリはこの世界で産むことの不安を口にするが、リックはシェーンとの関係を疑っていて問いただす。
ローリは正直にシェーンとの関係を告白した。


農場に留まるか否か


グレンは納屋にいるウォーカーのことを仲間全員に伝える。
シェーンはすぐに始末するか出て行くべきだと意見するが、リックはローリの出産のこともあり農場に留まりたい。
それにはハーシェルの意向を無視できない。

リックは再度ハーシェルに農場に滞在する許可を得ようとするが、ハーシェルに断られる。
それをシェーンに報告すると、事情を知らないシェーンはまた「出て行くべきだ」と言い2人は言い合いとなる。
激しい言い合いの中、リックはローリの妊娠を思わず話してしまう。
シェーンは驚いた表情を浮かべ、その後「おめでとう」とリックに言った。

しかしシェーンはすぐにローリの所へ行き、お腹の子は自分の子だと言う。
ローリは認めなかった。

ハーシェルがリックに手を貸して欲しいとお願いしに来た。
ハーシェルがリックを連れて行った湖には、はまって動けなくなったウォーカがいて、救出し納屋に連れていくと言う。
農場に残る条件なので、リックはそれに従った。


変わり果てた姿で


リックがハーシェルとウォーカーを捕獲に出かけている間、シェーンは皆に隠していた銃を渡し、納屋のウォーカーを一掃しようと指示した。

その時生け捕りにしたウォーカーを連れてリックたちが帰って来た。
シェーンは駆け寄りリックが止めるのも聞かずに、そのウォーカーを銃で撃ち殺す。
そして納屋の鍵を壊し扉を開け、中から続々と出てくるウォーカーに向け発砲した。

アンドレアやTドッグやマギーに許可を得たグレンもこれに加わり、出てくるウォーカーを一掃した。
唖然とするハーシェル。

そこへ納屋からまたウォーカーが出てきた。
それは変わり果てた姿ではあったが、紛れもなくソフィアだった。

泣き叫んでソフィアの所へ行こうとするキャロルをダリルが止める。
他の者も皆ソフィアの姿を見て息を飲む。
最後はリックがソフィアの頭を銃で打ち抜いた。


希望という幻想


このことにより、ハーシェルが壊れてしまう。
マギーが産まれてから飲まなかった酒を飲み、妻の遺品を片付け姿が見えなくなった。
マギーの妹ベスもショックで倒れてしまうがハーシェルが不在なのでどうすることもできない。

するとシェーンとローリが止めるのも聞かず、リックはグレンと共に街のバーにハーシェルを探しに行った。
産まれてくる子供のために。

街のバーにいたハーシェルに戻るように説得するリック。
奇跡が起こると信じて妻や知り合いのウォーカーに食事を与えていたハーシェル、それが無駄な行為だったと知り打ちのめされていた。
それをリックが必死に説得し、ハーシェルもグラスを置く。

その時見知らぬ二人組がバーに入ってきて、挨拶し皆でグラスを交わした。
男たちはリックたちの居場所を聞き出し、農場に一緒に行きたがったがリックが断る。
やがて男が銃を抜いたのを見て、リックは先に銃を抜き男たちを撃ち殺した。

ハーシェルが帰ろうと言い、バーを去ろうとすると男の仲間たちが現れた。
男の仲間たちと撃ち合いとなったが、男の仲間たちは辺りに沢山ウォーカーがいることを知り逃げ帰った。

建物の2階から銃を構えていた青年が逃げようと飛び降りた際、鉄の柵に足が貫通してしまい身動きが取れなくなる。
男の仲間たちは青年を置き去りにして逃げて行ったが、リックは青年を置いていけないと言いウォーカーが迫り来る中、青年を助けた。

ローリはリックを心配し1人で車に乗り街へ向かった。
地図を見ていると目の前いたウォーカーと激突、車が横転してしまう。
意識が戻りウォーカーを退治しながらよろよろと車の外へ出る。

シェーンはローリが街へ行ったのを知り、ローリを探しに出る。
ローリを発見し一緒に農場に戻ろうとするがローリはリックを探すと言う。
シェーンはリックが農場に戻ったと嘘をつき、ローリも車に乗り農場に戻った。

農場に戻ると皆が心配して出てきた。
そこでリックが戻っていないと知り皆の前でシェーンを責めると、シェーンは妊娠のことをバラしてしまう。

ウソばかりのシェーンにイラつくローリ。
2人の関係もリックに話した、あれは間違いだったと言うローリに対し、3人(シェーン・ローリ・カール)の関係は完璧だったとシェーンは言った。


意見の相違


翌朝リックたちは戻り、連れ帰った青年(ランダル)の処遇についてもめる。
傷が治ったら出て行ってもらうと言うリックに対し、仲間に居場所がバレるとまずい(今すぐ殺す)と言うシェーン。

結局、ランダルは殺さず生きるチャンスを与えるため農場から離れた別の場所に置いて来ることにした。
リックとシェーンがランダルを連れて行きその場に置いて帰ろうとすると、ランダルがマギーの同級生だということが分かった。
農場の場所がバレてしまう危険があるため、即撃ち殺そうとするシェーン。
リックはそれを止め、2人は激しい言い合いに。
そこから殴り合いのケンカへと発展、シェーンは本気でリックを殺そうとした。

そのケンカの時に割れた建物の窓から大量のウォーカーが出てきて3人はピンチに。

シェーンは1人でスクールバスに閉じこもり、ウォーカーと格闘していた。
その状況を知りながら、ランダルを連れその場から去っていくリック。
シェーンもまた去っていくリックをスクールバスの中から見ていた。

しかし死んでいた2人の保安官の姿を見てリックは何かを思ったのか、車に乗って現れシェーンをスクールバスの後ろのドアから救出する。

リックはシェーンに自分がリーダーだということ、ローリもカールもお腹の子も自分の家族だと言い、元のシェーンに戻るように話した。

ランダルを連れて帰りダリルが尋問すると、ランダルは良からぬグループのメンバーだということが判明した。
ランダルを生かしておくのは脅威だと殺すことにしたが、デール1人だけは反対した。

カールは1人で森へ出かける。
そこで沼地にはまって動けないウォーカーを見つける。
石を投げつけたり銃を向けて撃つふりをしたりしていると、ウォーカーの片足が抜けカールの足を掴んだ。
カールは何とかそれを振り払い、逃げ帰った。

その夜リックはランダルを殺そうとしたができなかった。
最後までランダルを殺すことに反対してきたデールは、皆とは離れた農場の外にいた。
そこへウォーカーが現われてデールに襲い掛かりデールの腹を引き裂いた。
すぐに仲間が駆け付けたが遅かった。

カールはデールを襲ったウォーカーを見る。
それは昼間自分が沼で見つけたウォーカーだった。


シェーンの暴走


デールの意思を尊重し、ランダルは殺さないことにした。
数日分の物資を持たせ、遠くで解放することに。

ローリはシェーンにお腹の子がどちらの子か分からないと告白する。
そして今までの感謝と謝罪を述べる。

シェーンはランダルを農場から連れ出し、仲間の居場所を聞き出した。
そしてランダルを殺した後、自分で木に顔をぶつけ偽装工作をする。
皆にはランダルに襲われたと話し、リックたちが逃げたランダルを追跡する。

ダリルとグレンがランダルの遺体を発見するが、ウォーカーに噛まれた後はなかった。

リックとシェーンは2人で行動していた。
最初からシェーンの言うことを疑っていたリック。
シェーンはランダルがリックを撃ち、自分がランダルの首の骨を折ったという筋書きにすると言いリックに銃を向けた。

リックはシェーンをなだめようと自分の銃をシェーンに差し出す。
その銃をシェーンが受け取ろうとしたとき、リックはシェーンの腹をナイフで刺した。

苦しむシェーンに向かって「お前がこうさせた」「俺じゃなくお前のせいだ」と泣きながら叫ぶリック。
やがてシェーンは息絶えた。

リックがその場を離れずにいるとそこへカールがやって来た。
カールが怯えながらリックに向かって銃を構える。
リックが銃を下すように言うが、カールはリックの背後にいたウォーカー化したシェーンを撃った。


安全な農場を襲うウォーカーの群れ


森を移動する大量のウォーカー。
ちょうど農場の横を通った時、カールがシェーンを撃った銃声を聞き農場へ向かって来た。

リックとカールは納屋に火をつけ脱出を図る。
キャンピングカーで2人を助けにきたジミーだったが、扉から入って来たウォーカーにやられて死亡。

他のメンバーも銃でウォーカーを撃ち殺すが数が多すぎて逃げることに。
逃げる際、パトリシアがウォーカーに捕まり食われた。

最後まで牧場に残ると言っていたハーシェルも逃げるしかなかく、車の窓から燃えて崩れ落ちる農場を見つめていた。

混乱の中、アンドレアは皆とはぐれ置いていかれてしまう。


リック


皆バラバラとなってしまったが、生きていた者は高速道路で無事に合流することができた。
ローリがシェーンの安否について尋ねると、リックは首を横に振っただけで何も言わなかった。
アンドレアの正確な安否は分からなかったが、生きているなら農場から離れているはずだというリックの判断で探しに戻ることはなかった。

安全な場所を求め移動を始めたメンバー。
ガス欠で止まった際、ランダルがウォーカーに噛まれていないのに転化したことをダリルが話した。

「皆感染してる」
リックはCDC(疾病対策センター)でジェンナー博士に言われたことを話した。

リックがそのことを皆に黙っていたことで、他のメンバーにリックに対する不信感が募る。
1人その場をリックが離れるとローリがやって来た。
リックは正直にシェーンとの出来事をローリに話したが、ローリはそれを受け入れることができずリックを拒否した。

一方アンドレアは農場を出て1人森の中を彷徨う。
しかし次々と現れるウォーカーに対応できなくなった時、日本刀を持った謎の人物がアンドレアを救った。

リックのリーダーとしての資質を皆が疑い始めてきた。
リックが皆にシェーンを殺したことを告げると皆白い目でリックを見つめる。
しかしリックは自分と共に残るなら二度と俺に逆らうなと皆に言い放った。


シーズン2でさよならした人


オーティス(写真手前左)
誤ってカールを撃ってしまい、責任を感じて物資の調達に向かうがシェーンに足を撃たれウォーカーの餌食となる。


(Photo by Gene Page/AMC)


ソフィア
キャロルの娘。
ウォーカーが襲ってきた際、森に逃げ行方不明に。
懸命な捜索でも見つからず、ハーシェルの農場の納屋からウォーカーの姿で現れた。

(Photo by Gene Page/AMC)


デール
メンバーの最年長で皆からの信頼も厚かった。
しかし"無実の人間を殺さない"という自分の意見が通らず、1人で歩いているところをウォーカーに襲われた。


(Photo by Gene Page/AMC)


ランダル(左)
別グループのメンバーと撃ち合いになった際、仲間に置いていかれた。
リックたちからは解放される予定だったが、シェーンに首の骨を折られて死亡。

(Photo by Gene Page/AMC)


シェーン
元保安官でリックの同僚。
リックが死んだと思い、リックが戻るまでローリとカールの面倒を見てきた。
リックを殺そうとして、逆にリックに殺される。
ウォーカー化し、カールが止めを刺した。
(Photo by Gene Page/AMC)


ジミー(ベスとグレンの間)
農場で暮らす青年。ベスのボーイフレンド。
納屋にいるリックとカールを助ける際にウォーカーの犠牲に。


(Photo by Gene Page/AMC)


パトリシア(中央)
農場で暮らすオーティスの妻。
農場から逃げる際にウォーカーに噛まれ死亡。



(Photo by Gene Page/AMC)


かんそう


シーズン2は全編農場編ということで、若干まったり感がありました。
しかし衝撃だったのはソフィアですね。
私の中では"子供は殺さない”と思い込んでいたので、ソフィアがゾンビで現れたときは心底驚きました。
『このドラマ容赦ない』と思った瞬間です。

そしてグレンとマギーの出会い。
最初はやはりマギーに翻弄される青年といった感じのグレンですが、どんどん逞しくなっていく様子にドキドキしますね~。

最も印象深いのはダリルでしょう!
シーズン1ではそんなに目立つ方ではなかったダリルですが、シーズン2では皆がダリルに夢中になったのでは?
ダリルとキャロルに花を渡すくだりはサイコーでした!
あああ、この頃のダリルは痩せてて髪も短くてカッコいいな~。
またこんな姿が見たいです。

シェーンはだんだんとおかしくなってしまいましたね。
リックを殺そうとしたのも、リックが殺したのもショッキング!でした。
ほんと、一番怖いのは人間ですね。
そしてその後も人間の恐ろしさを見させられることになるとは、この頃は知る由もありませんでした……。




ウォーキング・デッド シーズン1のあらすじを読む



(文:ぼぼち)




ランキング ポチッと はげみになります!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ  

コメント

新着記事

人気の投稿

【登場人物】CHICAGO FIRE/シカゴ・ファイア